サニアガーデン

庭 造園 ガーデニングのサニアガーデン
北九州市 八幡西区
小さな庭の剪定から公共工事まで

新着情報

2018.04ホームページ開設
2018.現在現在、繁忙期につき新規のご依頼をお受けできない状況となっております。早期に受付を再開できるよう努めてまいりますので、今しばらくお待ち頂きますようご協力お願い致します。

サニアガーデン

 サニアガーデンについて、ご説明します。まず「サニア」とはどう言う意味?ですよね。
 元々は母体となる「日庭」の名に由来します。つまり、日=sun 庭=garden ですが、サンガーデンでは在り来たりなので、sun にスワヒリ語で〔目的〕を意味する nia を加えて sunia としました。
 さらに、sunia には Otus sunia 《コノハズク》の意味があります。フクロウやミミズクは、ヨーロッパでは古くより森の賢者・森の番人として親しまれています。
 庭は精神的に住民を癒やし、そこに育つ木々や空間は物理的に家を守る、言わば〈小さな森〉です。我々も、その〈小さな森を守る賢者〉でありたい、サニアガーデンというネーミングにはそういった思いが込められています。

どんな会社?

 サニアガーデン(日庭)とは、どんな会社か。
いわゆる造園業ですが、一括りに造園業と言っても多種多様で、各社それぞれが自社をどう定義付けているかによってその呼び方も様々です。例えば、「うちは庭師だ」とか、「うちは植木屋だ」とか、あるいは造園業者、作庭家、ガーデニング業者、エクステリア業者、ランドスケープ業、外構業者など、枚挙に暇がありません。さらに造園業者の中でも、昔ながらの植木屋さんから、民間の剪定専門、公共メイン、ホームメーカーの子会社や、外構なら植木屋出身の業者もあれば左官出身の業者に、建築業者、土木業者や元は工務店だったり、植木や花の生産販売が本業だったり。もしくは、大規模な商業施設などのランドスケープを手掛ける大手の企業や国内外問わず活躍するガーデンデザイナー。色々な業者があって、それぞれに得意分野も違います。
 サニアガーデンはというと、代表の私自身が芸術系の大学出身ということもあり、どちらかと言うと庭は芸術作品だという目線で捉えています。画家がキャンバスに絵を描くように、私はクライアントに提供していただいた空間に、作品としての庭を造る。百年先に何倍もの価値がつく芸術と呼べる作品を残したい。引き渡して終わりではなく、その先もずっと自分の作品として誇れる庭を造りたい。そんな想いで庭を手がけています。
 サニアガーデン(日庭)は、こういった理念の下、庭と向き合っている会社です。
 そして「サニアガーデン」の商号は、私どもの提供する造園業務全般のサービスを、より身近で気軽にご利用していただきたいという思いから名付けたサービス名称です。
 カジュアルなイメージで皆様にご愛顧いただければ幸いです。

会社案内

商号 サニアガーデン
  ホームページ:  https://sunia-garden.com/
  Eメールアドレス:  info@sunia-garden.com
会社名 日庭 (サニアガーデンは日庭が運営しています)
所在地 〒807-0085 福岡県北九州市八幡西区塔野2-10-5
業務内容 造園設計施工・外構工事・公共緑化業務・公共造園工事・個人住宅等の庭木の剪定・庭のお手入れ・植栽・庭のリフォーム(リガーデン)・プチガーデン・民間企業等緑地メンテナンス緑化・その他造園業務全般
対応エリア 北九州市八幡西区を拠点に、八幡東区・若松区・中間市・直方市、その他周辺の地域まで対応します。
資格許可関係 資格関係
・1級造園施工管理技士

・1級土木施工管理技士
・1級エクステリアプランナー 他

・造園工事業
・土木工事業
・石工事業
・とび
・土工工事業
・解体工事業